ベラジョンカジノに詐欺やイカサマ行為ない?マルチ商法の手口も解説

ベラジョンカジノ詐欺イカサマ アイキャッチ画像

※お知らせ

このページはベラジョンカジノ側がプレイヤーに対して詐欺やイカサマをしていないか?について解説する記事です。

ですが、ベラジョンの紹介制度を利用したマルチ商法(ネットワークビジネス/MLM)の詐欺がありました。

詐欺集団は「ベラジョンのアフィリエイトを利用して稼ぐ」というビジネスで登録料などを徴収しているとのこと。

詐欺集団だけに、資金繰りが厳しくなってくると破産しては会社名を変えて再開するため、今どんな社名になっているかはわかりません。

ただし、ベラジョンのアフィリエイト用アカウント登録料は無料ですし、お金が必要になることはありません。マルチまがいの詐欺業者には騙されないようにしてくださいね。

この詐欺事件の詳細は記事最後に追記しています。

こちら⇒詐欺事件について

日本ではパチンコ・パチスロを筆頭にいろんなギャンブルが楽しめます。

その中で最近プレイヤー数が急増しているのがオンラインカジノです。

プレイヤー人口は100万人を超えどんどん増加中。

ですが、パチンコなどに比べるとまだまだその数は少ないと言えます。

そんなオンカジ業界で、日本人プレイヤーが一番多いと言われるのが「ベラジョンカジノ」。

結論から言うと、詐欺やイカサマはやっていないでしょう。

編集部ライターもここ遊んでいますが、ゲームはもちろん入金・出金などサービスにほとんど不満はありません。
(出金がもう少し早いとさらにいいんですが)

でも、まだ遊んだことがない人からすれば、こんな不安を感じている人もいることでしょう。

  • ベラジョンって信頼できるの?
  • わからないように詐欺やイカサマやって儲けてるんじゃないの?

基本的にプレイヤーの負け=カジノの儲けですからね。

悪い印象になってしまうのは仕方ないでしょう。

そんな影響もあり「詐欺やイカサマをやってそう」というイメージになりやすいんでしょう。

そこでここでは、ベラジョンカジノは詐欺・イカサマをやっていないのか?について解説していきます。

また冒頭でも触れた詐欺事件についても紹介しています。

あわせて読みたい
ベラジョンカジノアフィリエイト – リンク取得方法、報酬額、やり方を解説 テレビCMでも見かけるベラジョンカジノは、2011年に誕生したオンラインカジノです。 日本国内での知名度がもっとも高く、オンラインカジノといえばベラジョンを挙げる人...
あわせて読みたい
ベラジョンカジノ登録方法 – 手順やできないときの対処法、特典情報まとめ 登録手順 ベラジョンカジノ公式を開く メルアドを入力 パスワードを作成 氏名/性別を入力 生年月日を入力 携帯番号を入力 郵便番号/住所を入力 「アカウントの開設」を...
目次

ベラジョンカジノは詐欺やイカサマはやってない?

ベラジョンカジノ詐欺イカサマ 現状

冒頭でも触れましたが「詐欺・イカサマはやっていない」と言えるでしょう。

まず、グーグルやツイッターなどインターネット上でユーザーの声を調べてみると「ベラジョンが詐欺行為していた」という事件・事実はみつかりませんでした。

ただし、しょせんは人間が運用する会社なので、ふと魔がさして詐欺行為に手を出してしまう可能性が100%無いとは言えません。

また、関係者が「お前の娘は預かった。返してほしくばどーたらこーたら」と脅されたら、ベラジョンで誠実に働いている親御さんだって詐欺やイカサマに手を出す可能性はあるでしょう。

ほか、大負けしたプレイヤーが憂さ晴らしに「イカサマをしている」と悪評をバラまいている可能性だってあります。

それをオンラインカジノに良いイメージを持っていない人が見たら、イカサマをする詐欺会社だと受け取ってしまうでしょう。

でも、現状そういった詐欺・イカサマはないと言えます。

ベラジョンカジノに詐欺やイカサマがないと言える理由

ベラジョンカジノ詐欺イカサマ ないと言える理由

詐欺がないと言える理由として、次のような要因があります。

詐欺がないと言える要因
  • ベラジョンの親会社は上場企業
  • 運営ライセンスを取得している
  • イカサマを監査する第三者機関を利用

    1つ1つをもう少し詳しく解説していきます。

    ベラジョンカジノの親会社は上場企業

    ベラジョンの運営会社「Dumarca Gaming Ltd」の親会社はトロント証券取引所に上場する信頼性高い企業です。

    トロント証券取引所はカナダ最大の取引所で世界でみても上から6番目。

    この規模の市場に上場するには、厳しい審査を潜り抜けなければいけません。

    それなりの資金力や健全性も求められます。

    反社とのかかわりがないか、これまで詐欺行為をしていないか、なども当然チェックされます。

    また、もし子会社のベラジョンが詐欺行為などしてしまったら、信頼性が落ち株価に悪影響を与えてしまいます。

    イカサマで利益は得られると思いますが、すでに利益が出ている状況で信頼を失ってまでやるメリットはないと言えるでしょう。

    運営ライセンスを取得している

    【お知らせ】2020年に入り「キュラソー」に変更されました。

    ベラジョンが以前まで取得していた運営ライセンスは、世界でもトップクラスに審査が厳しい「マルタ共和国」のものでした。

    審査では健全に運営できるだけの資金力や、企業としての信頼性がチェックされます。

    さらに一度取得しただけなら瞬間的に頑張ればいいかもしれませんが、ベラジョンは何度も更新しています。

    もちろん更新のたびに審査もされ、しっかりクリアしてきたわけです。

    長期にわたって健全経営できている証拠ですし、詐欺やイカサマをしていたらマルタ共和国の審査を通過できません。

    これだけでもベラジョンで詐欺行為が行われていない証拠として十分なレベルです。

    もちろん今はマルタより審査基準が緩めな「キュラソーライセンス」に切り替わったわけですが、「これで不正やり放題だぜ!」ってわけではないので問題ないでしょう。

    むしろマルタ共和国で長年培ってきた信頼性そのままに、仮想通貨対応やベット上限額アップ、賞金額アップなどユーザーの利便性が向上してプレイヤーにはありがたいと言えます。

    イカサマを監査する第三者機関を利用

    ゲームで使われるプログラムはベラジョンが作成しているわけではないので、そもそも内部に仕込んでイカサマするなんてやりようがありません。

    じゃあプログラムを作っているソフトウェア企業は大丈夫なの?ってことですが、そもそもオンカジで遊べるゲームは第三者機関に監査されたものしか提供できないようになっています。

    よって第三者機関の厳しい審査を潜り抜ける天才的なプログラマーが仕込んでいたらわかりませんが、そんなことする意味もないんですよね。

    ソフトウェア企業はゲームを売って儲けるビジネスなので、プレイヤーの賭け金で儲けているわけではありません。

    仕込んだイカサマプログラムで得た賭け金をソフトウェア企業が受け取れるわけではないので。

    まぁベラジョンは儲かりますが、上場企業縛りや運営ライセンス維持のためにやらないしやれないでしょう。

    ゲームプログラムでは世界最高峰と言われる乱数発生器を使用

    ゲームプログラムに決まり切った動作をさせないためには、法則性のないランダムな数字を使うことになります。

    そこで使われるのが乱数発生器(RNG)です。

    世界最高峰ともいわれるものなので、一定周期・パターンで特定の動きをする、なんて欠陥はないでしょう。

    オンラインカジノでよくある詐欺・イカサマ行為の事例

    ベラジョンカジノ詐欺・イカサマ オンラインカジノ

    次のような悪質な詐欺・イカサマ行為をするオンカジもあります。

    主な詐欺・イカサマ行為
    • 出金遅延
    • 出金拒否
    • 結果の不正操作
    • 個人情報の悪用

      いずれも自分たちの利益しか考えていない悪質な詐欺行為ですね。

      それぞれについてどういったことがされるのか詳しく解説していきます。

      詐欺行為1:出金遅延

      オンカジで一番ありがちな詐欺事例です。

      正規のライセンスを取得せずサービス提供しているイカサマありきのオンカジだけでなく、正しく運営されているオンカジでもありうることです。

      オンカジにとってプレイヤーへの支払い=出金は利益を削る行為。

      もともと詐欺サイトでもなければ、経営がうまくいっているときなら普通に処理してもらえます。

      でも資金繰りが厳しくなれば無理やりにでも理由を付けて出金遅延詐欺に手を出すことになるでしょう。

      これは運営歴が長くどんなに信頼されているオンカジでもありうることです。

      それでもまだ出金遅延の理由を教えてくれるならマシです。

      ユーザーに何も知らせず出金を遅らせるだけのところもあります。

      またオンカジの利用規約には細かく禁止行為を定めています。

      その内容で注意したいのはリスクの少ない賭け方(ローリスクベット)について。

      勝率半分のゲームでたまたま間違えてどちらにもベットしてしまう、なんてミスはありがちです。

      少々のやらかしならたいてい見逃してもらえます。

      でも詐欺サイトや資金繰りが苦しいところだと厳しく見られることもあります。

      規約違反しているのはユーザー側なのでどうにもならないのが痛いところ。

      対処方法は?

      とりあえず出金遅延行為が目立ってくるとそのオンカジは危険度が高くなっています。

      もしあなたが出金が遅すぎると感じたなら、まずはサポートに問い合わせる、そしてツイッターなどでそのオンラインカジノに対するつぶやきをチェックしてみましょう。

      サポートと連絡もできないなら、取得しているライセンス発行機関へ連絡してください。

      最悪そのままサイト閉鎖される可能性もあり得ます。

      ベラジョンカジノに出金遅延詐欺はある?

      ないでしょう。

      ただしベラジョンは業界全体から見ても出金スピードはそこまで早くありません。

      ネット上には出金が遅いといった声も見かけます。

      もしベラジョン側が公式サイトで提示している目安の時間を超えても着金しないようなら、すぐサポートに連絡しましょう。

      詐欺行為2:出金拒否

      出金遅延より悪質な詐欺行為です。
      (どっちも悪質ですが)

      拒否されればほとんどの人はサポートに連絡すると思いますが、「不正行為が見られたから支払えない」などハッキリとした理由を言わず拒否されるパターンもあります。

      中にはユーザーの住む地域ではサービス提供していない、といった理不尽なオンカジも過去にはあったようです。

      対処方法は?

      利用規約を読み、禁止行為をしていないと思えたならまずはサポートにしっかり伝えましょう。

      それでも拒否されるならライセンス発行機関へ連絡します。

      また、オンラインカジノを選ぶ時に日本語対応しているか、日本語が怪しくないか、など事前にチェックすることも大事です。

      ベラジョンカジノで出金拒否はある?

      ネット上には出金拒否された、といった声もありますが、ベラジョンにおいてはたいていユーザー側の不手際が原因です。

      ベラジョンでは出勤前までに必ず本人確認書類の提出が必要です。

      もちろん提出して終わりではなく審査で合格していなければいけません。

      これ以外の理由で出金拒否されているなら、サポートに問い合わせましょう。

      詐欺行為3:結果の不正操作

      日本では違法賭博店でほぼ必ずやられている詐欺ですが、オンカジでもないとは言えません。

      たとえばバカラでデッキからとる次のカードを都合よく操作する、画面の結果表示はあきらかに勝利でも無効化されている、といったような不正行為ですね。

      悪質なのは全部操作するのではなく勝利した分から少しだけ操作するパターン。

      ライセンスのないオンカジだけでなく、自社開発の独自ゲームがあるところではありえる詐欺行為です。

      とはいえ1996年にオンラインカジノが誕生した初期のころならまだしも、いまどきの日本語対応オンカジではないと言えるでしょう。

      確認できる限りではしっかりライセンスを取得していますし、第三者機関にチェックされているゲームプログラムを使っています。

      対処方法は?

      ありません。

      できるとしたら怪しいオンカジを選ばないことだけです。

      事前にライセンスの有無をチェックする、会社情報や他のプレイヤーの声を調べてみるなど自己防衛を徹底するしかないでしょう。

      ベラジョンカジノに結果の不正操作詐欺はある?

      ないでしょう。

      ベラジョンは第三者機関の監査を正式に受けています。

      不正なプログラムが見つかれば運営停止になり経営を続けられなくなるでしょう。

      現在好調なベラジョンだけに、そんなリスクを冒す必要性もありません。

      詐欺行為4:個人情報の悪用

      オンラインカジノの個人情報は割といい値で売れるとの話もあります。

      ギャンブルに興味を持つ人はお金にルーズな人間も多いと考えられるため、詐欺案件を紹介すれば売れ易かったりするのでしょう。

      ほかにも、よく知らないオンラインカジノに登録したら利用したクレジットカード情報を勝手に使われた、といった声も見かけます。

      ベラジョンを始め当サイトで紹介しているオンカジにそういった詐欺会社はありませんが、よく知られていないサイト、日本語が怪しいサイトに出会ったら遊ばないようにしてくださいね。

      対処方法は?

      一度登録してしまったらどうしようもありません。

      退会処理をしたところでオンカジ側は個人情報を削除してはくれません。

      ボーナスを何度ももらう、などユーザー側の不正を防ぐ目的もあります。

      まだ登録前であれば、本人確認不要で遊べるオンラインカジノを選ぶのも方法です。

      あわせて読みたい
      ワンダーカジノは本人確認不要!KYCなしEASYプランのメリット・デメリットまとめ ワンダーカジノは本人確認不要で遊べる数少ないオンラインカジノの1つです。 最近はオンラインカジノプレイヤーも急増して周囲に遊んでいる人も増えてきた感があります...

      投稿が見つかりません。

      ベラジョンカジノで個人情報の悪用はない?

      ないと言えるでしょう。

      ライセンス取得時や更新時に顧客情報の管理体制について審査されます。

      また、不正な情報漏洩が判明すればライセンスをはく奪され営業できなくなるでしょう。

      順調に運営できているいま、そんなリスクをとってまでユーザーの個人情報を売ることはないと言えます。

      悪質な詐欺行為がありそうなオンラインカジノの見分け方

      チェックポイント
      • ライセンスをきっちり取得しているか
      • 第三者機関の監査を受けているか
      • ユーザーのネットの声からトラブルが頻発していないか

        まずはライセンスの有無をきっちり確認しましょう。

        目的のオンカジホームページを開き、ページ内にライセンスマークがあるか探しましょう。

        たいていページ最下部にこんなマークが表示されています。

        マルタライセンス

        ベラジョンカジノ詐欺イカサマ マルタ共和国ライセンス

        キュラソーライセンス

        ベラジョンカジノ詐欺イカサマ キュラソーライセンス

        ジブラルタルライセンス

        ベラジョンカジノ詐欺イカサマ ジブラルタルライセンス

        イギリスライセンス

        ベラジョンカジノ詐欺イカサマ イギリスライセンス

        日本語対応しているオンラインカジノでは、キュラソーライセンスを取得しているところがほとんどです。

        当サイトではライセンス取得済みの安全なオンラインカジノしか紹介していないため、選ぶ際は参考にしてください。

        ベラジョンカジノを悪用したネットワーク詐欺について

        ベラジョンカジノ詐欺イカサマ アフィリエイトを悪用したマルチ商法について

        ここまで読んでもらえたらベラジョンが詐欺行為をしていないオンカジであることはわかってもらえたと思います。

        でもネット上にはベラジョンを利用した詐欺についての話を見かけます。

        これはベラジョンのある制度を利用しマルチ商法(ネットワークビジネス/MLM)に落とし込んだ集団がいたからであり、ベラジョンそのものには一切関係ありません。

        ベラジョンカジノを詐欺に利用した組織の名称

        詐欺業者の名称
        • アジアエンターテインメントアフィリエイト(AEアフィリエイト)
        • フィーチャーリンクマルタ(FLM)
        • ノーヴァ(NO-VA)

          これらは名称こそ違いますがすべて同じグループによる詐欺集団です。

          ベラジョンカジノが詐欺に利用された仕組みとは?

          ベラジョンにはアフィリエイトという制度があります。

          これはあなた専用の紹介リンクを発行し、そのURLを介してユーザーを獲得すると一定の報酬が得られる仕組みです。

          でも、これはいたって普通のビジネスモデルです。

          今回詐欺として話が持ち上がっているのは、この仕組みをマルチ商法化(ネットワークビジネス/MLM)した詐欺グループについてです。

          マルチ商法(ネットワークビジネス/MLM)は紹介によって会員数を増やしつつ紹介料を得るビジネスモデルのこと。

          よく聞くものだとアムウェイがあげられます。

          なお、ねずみ講に似た感じですが細かく言うと異なります。

          そして、その詐欺グループは「不労所得(権利収入)が得られる」「○カ月後には〇倍になる」といった甘い言葉でベラジョンの登録者を獲得していきます。

          紹介された人も紹介者を出せば利益を得られるため、次々に増えていったようです。

          いまこういったオンカジのアフィリエイト制度を利用した詐欺は見かけませんが、今後出てこないとも限りません。

          アフィリエイトはどのオンカジでもできるベーシックな制度なので騙されないように注意してくださいね。

           

          当サイトではベラジョン情報を多数発信しています。

          合わせてお読みください。

          あわせて読みたい
          ベラジョンカジノのVIPサービスは完全招待制!その条件や特典・待遇内容は? 日本一ユーザー数の多いオンラインカジノ「ベラジョンカジノ」。 ここにはハイローラーと呼ばれるVIP会員向けの特別サービスが用意されています。 そこで、ベラジョンで...
          あわせて読みたい
          ベラジョンカジノ始め方 – 遊び方、登録や入金のやり方など初心者向けに解説 いち早く日本語完全対応を進め、いまや日本一のオンラインカジノと言える「ベラジョンカジノ」。 日本人プレイヤーの数では業界トップのオンカジです。 また業界に先駆...

          ベラジョンカジノの詐欺・イカサマに関するQ&A

          よくある質問
          • 登録情報の不正利用はない?
          • お金はきちんと出金される?
          • ベラジョンカジノが破産したときに顧客資産は保証される?
          • ベラジョンカジノの信頼性は問題ない?
          • 日本の規制は大丈夫?
          • ゲームにイカサマはない?
          • クレジットカード情報などの流出や不正利用は大丈夫?
          • 利用規約に不利な条項は含まれていない?
          • サポートはきちんと対応してくれる?

          登録情報の不正利用はない?

          ありません。これまでにベラジョンカジノが個人情報を流出させたこともありませんし、不正利用したという情報も確認できません。そもそもベラジョンカジノではライセンス取得時に個人情報の管理体制を審査され合格した上で運営されています。また、以前までは世界トップクラスに審査が厳しいマルタ共和国のライセンスを取得していた実績もあります。個人情報管理体制は整っていると言えるでしょう。

          お金はきちんと出金される?

          問題なく出金できます。ベラジョンカジノでは基本的に出金申請してから24時間以内には処理されます。ただし、出金申請前までに本人確認書類の提出がされていなかったり、ローリスクベットやボーナススタンキング、アカウント二重登録など利用規約違反行為が確認されると拒否されます。意外と気づかずやってしまう行為もあるため、これからベラジョンカジノに登録して遊ぶ人は注意してください。

          ベラジョンカジノが破産したときに顧客資産は保証される?

          保障はされないでしょう。利用規約には顧客資産の保証に関する記載はみられません。ない以上は保証されないと言えます。現状は別会社名義ですがテレビCMも放映し、日本人ユーザー数トップのベラジョンカジノはトラブルなく運営できている状態です。資金難に陥るようなことはまずないと言えますが、どうしても不安な人は遊ばないようにしましょう。もしくは少額資金だけ入金して遊ぶか、遊ぶときだけ入金して終わったらすぐ出金するなど自分でリスク管理していくことになります。

          ベラジョンカジノの信頼性は問題ない?

          信頼性に問題はありません。このページで紹介した詐欺事件に関しても単にベラジョンカジノのアフィリエイトシステムを悪用しただけにすぎず、会社が関わっているわけではありません。またゲームのイカサマの有無についても第三者機関の監査を受けているソフトウェアのみが提供されています。ライセンスの取得状況やこれまでの運営実績の面から見ても信頼性に問題ないと言えるでしょう。

          日本の規制は大丈夫?

          規制適用外のため問題ありません。日本ではギャンブルを規制する刑法の賭博罪があります。そのため国内では国に認められている公営ギャンブル(競馬・競輪・競艇・宝くじ・IRカジノなど)以外は違法となります。オンラインカジノもここには含まれていません。ですが、賭博罪の適用条件は胴元と客がどちらも国内にいること。ベラジョンカジノの拠点はライセンス取得国である海外にあるため、賭博罪適用外です。さらに過去にプレイヤー逮捕事件が起こったものの、客側が裁判を起こして不起訴になっています。この裁判所の判断からも違法性は問えないでしょう。

          2023年にスモーペイという国内事業者が関係する決済サービスの利用客が逮捕される事件が起こりました。ですが、ベラジョンでは国内の決済サービスに対応していません。問題ないでしょう。

          ゲームにイカサマはない?

          イカサマは組み込まれていません。ベラジョンカジノで遊べるゲームは運営元とゲーム開発元以外の第三者機関がイカサマがないかどうか確認しています。またプログラムが操作するビデオゲームにおいて、結果を左右している乱数にも専用の乱数発生機が用いられています。イカサマの心配はないでしょう。とはいえ、ネット上では負けたプレイヤーがイカサマを疑う声も見かけます。運ゲーなのでしたかないのですが、どうしても不安であればライブゲームを選びましょう。こちらなら人がゲーム進行しているためイカサマのやりようがありません。

          クレジットカード情報などの流出や不正利用は大丈夫?

          問題ありません。ベラジョンカジノは正規のライセンスを取得しています。そのライセンス取得時に個人情報の管理体制も審査され合格した上で運営されています。それでも不安な人は、決済情報だけでは悪用できない銀行送金やオンライン決済サービス、仮想通貨、コンビニATM入金を使いましょう。

          利用規約に不利な条項は含まれていない?

          ユーザーに不利益が発生する項目は含まれていません。詐欺業者がやりがちなパッと見でわからないような小さな文字で不利なルールを記載している、といったことも確認できません。人によって感じ方が違うため、知らずにやらかしてしまいがちなボーナススタッキングやローリスクベットは不利な条項と思うかもしれません。ですがオンラインカジノ業界では一般的なルールです。とくにローリスクベットを認めると、マネーロンダリング(資金洗浄)が簡単にできる環境になってしまうため厳しく対処されます。ほとんどの人はアカウント登録時に利用規約を読まないと思いますが、できるだけ目を通しておくことをおすすめします。

          サポートはきちんと対応してくれる?

          対応してくれます。日本語で利用可能です。ライブチャットは11時~翌5時までの18時間、メールは24時間対応してくれます。

          まとめ

          ベラジョンカジノに詐欺やイカサマ行為があるのか?について解説しました。

          またベラジョンのアフィリエイト制度を悪用した詐欺組織についても紹介しました。

          • 正規の運営ライセンスを取得している
          • 信頼性が求められる上場企業が親会社である
          • 第三者機関に監査されたゲームプログラムを使っている

          以上のことから、ベラジョンカジノが詐欺・イカサマはないと言えるでしょう。

          そもそもホワイトな運営で損していないのにブラック手法に手を出して会社を危険にさらす必要性がありません。

          もちろん人が関わる以上100%とは言い切れませんが、これだけ厳しい運営体制のベラジョンカジノなので安心してプレイできると言えるでしょう。

          実際プレイしている日本人プレイヤーはたくさんいますし、ツイッターなどでプレイ状況を公開している方もたくさんみえます。

          不安がある人は一度どんな感じかチェックしてみてください。

          なお、詐欺集団については今後も出てこないとも限らないため、そもそもオンラインカジノには紹介制度が備わっていることを認知し騙されないようにしましょう。

          よかったらシェアしてね!
          目次